ライトニングネットワーク決済体験記


今回は、私が実際にライトニングネットワーク決済(以降、ライトニングペイ)をしたお話をしたいと思います。


ライトニングネットワークとは、ビットコインのスケーリング問題(1秒間に約7件しか処理できない問題)を解決する手段として開発されたレイヤー2の技術です。ライトニングペイをするということは、ビットコインで支払いをするのに変りは無いですが、支払いごとにブロックチェーンへの書き込みをしないという違いがあります。例えば、スターバックスカードやスイカに現金をチャージしてそのカードを使ってコーヒーを買ったり食品を買ったりするのと似ています。



私が最初にライトニングペイで商品を購入したのは、Blockstreamのショップでした。Tシャツが買いたかったのですが売り切れだったので、ステッカーを購入しました。購入当時の金額で約550円(送料込み)で購入しました。この時の送金手数料は0.1円以下でした。もしライトニングペイではなく通常のビットコインで支払うと送金手数料は約20円もかかってしまいます。これが初めてのライトニングペイだったので、ビットコインをライトニングペイ用にチャージする必要があり、そのチャージ手数料に約20円ほどかかりました。この時は5000円ほどのチャージしました。ウォレットの設定方法などはこのブログを読んでみてださい。




次に、Hodl MonkeyというサイトでビットコインTシャツを約2000円で購入しました。今回は前回のチャージした分の残高4500円があったので、送金手数料0.1円のみでした。実際に商品が届き、かなりいい感じのTシャツでした。右の写真が購入したTシャツです。JPモルガン社長のあの有名な言葉「ビットコインは詐欺だ」のセリフがプリントされたTシャツです笑



ライトニングネットワークはまだまだ発展途上の技術ですが、だから面白いですよね。ぜひこの体験を皆さんにもしていただきたい、そう思いで本ショップでもライトニングペイ対応をしました。皆さんもぜひ一度ライトニングペイを体験してみてください!



iPhoneケースをライトニングペイで購入してみる↓クリック↓

【2019夏トレンド】ジャックウィルスの店舗紹介

Jack Willsの店舗

ジャックウィルスはイギリスのブランドですが、アメリカ、香港、シンガポールなどにも展開しており、それぞれ個性的な店舗です。日本には店舗がなく、ジャックウィルスを着ている日本人は殆どいないと言っていいでしょう。だからこそ!まだ日本では注目を浴びていないこのブランドをいち早く先取りしてみませんか?今回はジャックウィルスの店舗を各国別に紹介していきます。

アメリカ

アメリカには東海岸にいくつかの店舗があり、その一例が以下の3店舗です。

Jack Wills – Chatham

Jack Wills – Nantucket

Jack Wills – Boston

香港

イギリスの植民地であったこともあり、香港ではジャックウィルスが5店舗もあります。

Jack Wills Leighton Centreの外観です。

フィッティングルームとは思えないほどオシャレな作り!

シンガポール

シンガポールでも英国色がすごくあり、ジャックウィルスはとても人気!店舗内装もイギリスに来ているような錯覚になるぐらいブリティッシュ感がでていますね。

Jack Wills – Raffles Cityの店内の様子です。

イギリス

スコットランドはエディンバラの店舗のフィッテングルームの写真です。

ジャックウィルスの本場イギリスはオックスフォード店舗。

いかがでしたでしょうか?ジャックウィルスはまだ日本では知名度が殆どありませんが、とてもオシャレなファッションブランドです。今年のトレンドであるパステルカラーや淡色系も揃っています。

メンズは、ジャックウィルスのロゴが刺繍された、さわやかなブルーのサンドルフォードTシャツがお勧めです。

レディスはパステルカラーさわやかな色合いの「パステルブルー」のこの一枚。背中にはかわいらしいノットがワンポイントとしてさらにオシャレ度をアップしてくれています。

夏のプレイリストを聴こう!

ジャックウィルスが選曲した今夏のプレイリストを公開しました。Spotifyのアカウントがあれば全曲聴けます。持っていない方でも各曲30秒ほど聴けるので、ジャックウィルスの雰囲気を味わうことができると思います。

毎シーズン、ジャックウィルスはその季節にあったプレイリストを自作公開しています。このプレイリストは店舗内のバックグラウンドとして流れています。日本には店舗がないのが残念ですが、このプレイリストを聴いてイギリスの店舗にいる雰囲気を味わってみてください。

Jack Wills | ジャックウィルス とは

Jack Willsは、帽子をかぶり杖を持ったキジという可愛らしいロゴ。イギリスならではの伝統に、遊び心を加えたファッションを基本として、ブリティッシュフォーマルなシャツ、ツイードジャケットやブレザーから、よりカジュアルなフーディーやスウェットパンツ、Tシャツ、ポロシャツまでを手がけています。大学生を主要ターゲットにおきながらも、アッパーミドル向けのやや高価な価格帯として、ファストファッションとは一線を画しいます。また、スポーツとの関連も持ち合わせ、英国ならではのポロ、ラグビー、レガッタをイメージしたデザインも多々あります。大学生をターゲットとしながらも、高校生から大人まで幅広い層に人気があります。

私がイギリスへ行った時、友達にJack Willsを教えてもらい、現地ショップで購入したのをきっかけに、デザインや着心地さがともて良く、そしてなんと言ってもイギリスブランドという響きにハマッてしまいました。帰国後、Jack Willsについて調べてみると日本展開はしておらず、知名度も殆どありませんでした。そこで、このJack Willsの良さを知ってもらおうと本オンラインショップを立ち上げました。

ほとんどの店舗が英国内ですが、アイルランドやアメリカ、香港、シンガポールにも店舗展開してます。オンラインでは、ヨーロッパ、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本、香港などから購入が可能です。Jack Willsの公式オンラインショップでは日本への配送もしていますが、日本語対応はしておらず、送料が3,000円以上、10,000円以上の購入には10%の関税がかかったりと色々と不便だと思います。そこで本サイトを通じて少しでも多くの人がJack Willsに興味を持ってもらい、手軽に購入できればと思います。